character

静希草十郎

現代に下りてきた田舎少年。ある意味タイムスリップ状態。
街の豊かさに感心しつつ、少しずつ順応していく平凡な男子高校生。その前向きさは逞しいと言えなくもない。
言葉は少ないが人なつこい性格で、たいていの人間とは仲良くなれる長所を持つ。
信じた事は、とりあえず黙っておく堅実派。
特別でもないが、まあ、普通というワケでもない。